軽装で参加する | 様々な地域の人とも交流することができるイチゴ狩り

軽装で参加する

温かい気候

イチゴを栽培するためには、温かい気候の状態を維持することが必要になるので、多くの農園ではビニールハウス内で栽培を行っています。
そのため、日によっては暖かすぎるという状況も珍しくありません。
肌寒い日であっても、ビニールハウスに入ると暑いというような状況もあるので、イチゴ狩りに参加する場合は、涼しい格好になれるような服装で向かうことが大切です。
また、動きやすい服であることによって、スムーズにイチゴ狩りを進めて行くことが出来ます。
そのため、当日の天候について確認をしながら、計画を立てていくようにすると良いでしょう。

行動しやすい服装

イチゴ狩りを行う際には、行動しやすいような服装にしておくことも大切なので、ヒールが高い靴などを避けるようにしておくことが必要になります。
また、屈んでイチゴを摘むこともあるので、スカートなどを着用していると地面に着いてしまう可能性があります。
服が汚れてしまう恐れがあるので、このようなことがないように、コーディネートを組んでおくようにしておきましょう。
快適に過ごせて、作業がし易い格好でいることによって、より楽しくイチゴ狩りを進めて行くことが出来ます。
また、心配である場合は作業で着用する衣服と、それ以外の行動で着用する衣服を分けて用意しておくのも良いでしょう。
特に子どもはよく動くため、多めに着替えを用意しておくことで、イチゴ狩りの帰りでも快適に過ごすことが出来ます。